リハビリテーションの取り組み

「そうさぬくもりの郷」へ戻る


当施設のリハビリテーションは、専門職の理学療法士・作業療法士と、医師、看護師、介護福祉士が協力して行っています。

施設内には、通所リハビリ(デイケア)、訪問看護ステーション(理学療法士による訪問リハビリも実施)、居宅支援事業所もあり、退所後も自宅でのADLが維持、向上、住み慣れた家で長く暮らせるように、在宅リハビリサービスの提案を積極的に行っています。

リハビリスペースには種々のリハビリ機器があり、心身の回復に効果を上げています。

リハビリ機器1.jpgリハビリ機器2.jpgリハビリ機器3.jpgリハビリ機器4.jpgリハビリ機器5.jpgリハビリ機器6.jpg

通所利用者へのリハビリテーション

通所リハビリ(デイケア)では、個別リハビリを中心として、棒体操、転倒予防体操(起立訓練含む)、更衣体操、下肢・体幹筋力強化体操などの様々な集団リハビリや、自宅でできるホームエクササイズの指導にも重点を置き、これらを組み合わせて利用者様の心身の機能向上を目指しています。

また、親しみやすいリハビリ環境づくりを心がけ、「継続は力なり」といわれるように、デイケアに来てリハビリをするのが楽しくなるように支援しています。

通所リハ1.jpg通所リハ2.jpg通所リハ3.jpg通所リハ4.jpg通所リハ5.jpg通所リハ6.jpg通所リハ7.jpg通所リハ8.jpg通所リハ9.jpg

入所利用者へのリハビリテーション

入所リハビリでも、全員に個別リハビリを実施しています。その他に、通所リハビリと同様に様々な集団リハビリや籐細工などのアクティビティ、脳トレなどを利用者様の身体機能や適応を考慮して、楽しみながら心身の機能回復となるように個々にリハビリプログラムを立案しています。

当施設では、在宅復帰率の向上を目標の一つとしており、多くの利用者様が自宅に帰られています。そのため、入所時からケアマネジャーや支援相談員などの多職種との連携をとり、早期から環境整備や訪問看護、介護サービス事業所などと密に連絡を取り合っています。

「そうさぬくもりの郷」へ戻る