院内看護部研究発表会(毎年3月開催)

「看護部」へ戻る

《平成23年度の研究テーマ》

・ 「足浴・タッチングが及ぼすリラクゼーション効果」

〜不穏・認知症患者に試みて〜  内科病棟

・ 「当院職員の災害・防災に関する能力と知識の現状」

〜全職員に対するアンケート調査から〜  外科病棟

・ 「高齢の息子への介護指導」

〜退院指導に時間を要した1症例〜  整形外科病棟

・ 「大腸内視鏡検査における腸管洗浄液の検討に向けて」

〜認可されている3種類を飲み比べる〜  外来

・ 「本人・家族の思いより、退院支援の関わりを考える」  地域ケア部

・ 「介護職の看取りへの戸惑いをなくすために」

〜看取りへの取り組み〜  介護老人保健施設

千葉県国民健康保険直営診療施設医療学会

《平成23年度千葉県国民健康保険直営診療施設医療学会 看護部門 優秀賞》

・ 訪問看護師と認定看護師の協働による在宅支援の実現に向けて

訪問看護ステーションつばきの里

厚生労働科学研究費補助金 がん臨床研究事業

分担研究参加  看護部長 大木信子

 

1 平成18年〜20年

メインテーマ 『在宅医の早期参加による在宅緩和医療推進に関する研究』

研究分担テーマ ・「在宅医工事の現状と課題の整理 1、2」

                ・「抗がん剤治療を受けている患者と主治医の理解度調査」

 

2 平成21年〜24年

メインテーマ 『がん患者に対する緩和ケアの提供体制を踏まえた在宅療養への移行に関するバリアの分析とその解決策に関する研究』

研究分担テーマ ・「患者家族の在宅緩和導入に対する意識調査」

〜病院で最期を迎えた患者の家族へアンケート調査を実施し在宅緩和ケア導入のバリアを考える〜

・「がん患者の心理的側面への積極的アプローチの必要性について」

〜ピアサポーターと『がんのお悩み相談サロン』を開設して見えてきたこと〜

・「抗がん剤治療の継続と日常生活の充実との関係」

〜がんのお悩み相談サロンのプライベートサロン活動に共同行動を取り入れて見えてきたこと〜

「看護部」へ戻る