看護部長あいさつ

「看護部」へ戻る

匝瑳市は、九十九里浜に程近く、「植木の町」として知られた地域です。その中で当院は、のどかで穏やかな風土で暮らす市民の健康を守るため、地域の中核病院として、1958年に開設されました。

地域住民の生活の中に病院があり、ともに支えあって生きていく、そんな地域に溶け込んだ病院でありたいと願い、これまで歩み続けてきました。

早期から「高齢者の方も、がんの終末期の方も住み慣れた我が家で最後まで安心して、生活できる支援体制づくり」が重要と考え、訪問診療、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所からなる地域ケア部を組織化し、24時間体制で地域包括ケアの提供に取り組んでいます。

急性期医療から慢性期医療、地域医療連携、在宅医療・在宅ホスピスケアまで、シームレスな顔の見えるケアの提供、そして、医師会をはじめ、地域のさまざまな関係機関とのネットワーク作りに力を入れています。

患者様をこの地域の生活者として捉えた看護を目指し、ともに成長していける前向きで心優しい看護師を育てて行きたいと考えています。

元気で活気ある看護師さんを大募集しています。一緒に働いてみませんか?

「看護部」へ戻る