業務内容

「技術部のご紹介」へ戻る

・入院患者さまの治療効果を高めるために、年齢や病状、摂取能力など個々の状態に合わせた食事を提供しています。

 

・栄養相談では患者さまが無理なく継続と実施ができるよう、個々の生活に合わせた、わかりやすいサポートを目指しています。

人員構成

・当院の栄養科には管理栄養士常勤1名とパート1名がおり、入院患者様の栄養管理や、入院・外来患者様の栄養相談を行っています。

 

・給食業務は全面委託化されており、栄養士・調理師を含む委託スタッフ9名で協力して、より良い病院給食の提供に努めています

食事の種類

《一般食》

治療上、厳密な栄養調整を必要としない各科一般患者様に適応した食事

・常食

・軟菜食(全粥・七分粥・五分粥・三分粥)

・流動食

 

《治療食》

治療の一環として、栄養量の調整をした食事

・塩分コントロール食、エネルギーコントロール食、

・たん白塩分コントロール食、脂質コントロール食、

・潰瘍食、胃切術後食、嚥下食、濃厚流動食、など

食事の工夫

・料理の形状、切り方、硬さ等、患者さまの病状や咀嚼嚥下機能に合わせた食事を提供しています。                               

・アレルギーや嗜好に可能な限り個人対応しているので、献立種類は非常に多く複雑となっています。

・低栄養や化学療法による食欲不振の方には、栄養士が直接病室訪問して、  ご意見・ご要望を伺ったり、栄養補助食品の提供などを相談したりしています。

行事食・選択食

《行事食》

入院生活に潤いを持っていただけるよう、月に2回、季節ごとのイベントメニューを実施しています。

 

・4月 :花祭り、昭和の日

・5月 :端午の節句、郷土料理(高知県)

・6月 :入梅、郷土料理(沖縄県)

・7月 :七夕、土用の丑の日

・8月 :祇園祭、郷土料理(北海道)

・9月 :敬老の日、十五夜

・10月:ハロウィン、郷土料理(宮城県)

・11月:七五三、行楽弁当

・12月:冬至、クリスマス、年越しそば

・1月 :おせち、七草粥

・2月 :節分、バレンタイン

・3月 :ひな祭り、春分の日

ハロウィン.jpg郷土料理.jpg

 

おせち料理.jpg七草粥.jpg

 

《選択食》

一般常食と全粥食では、好きなおかずを選べる選択食を週に5回、昼食時に実施しています。

 

嗜好調査・病棟訪問

定期的に食事調査を行い、患者さまの声を献立に反映させて、治療食の質の向上を目指しています。 

栄養改善を図ることを目的に、日頃の喫食状況を把握して、個々に合わせた迅速な対応をしています。

また、嗜好やアレルギーに配慮して、可能な限り個人対応しています。

栄養相談

《個人栄養相談》

入院中の治療食の説明や退院後の食事の摂り方など、個別相談を行っています。

外来受診時にも疾病に即した食事療法を受けていただくことができます。

特に生活習慣病の方には、継続相談をお勧めしています。

 

「テレビで聞いたけれども、本当にこの食べ物はいいのかしら?」と疑問をお持ちの方、「住民検診で血圧が高値だった」と不安をお持ちの方、ぜひ当院の栄養相談をご活用ください。

栄養相談は平日の午前・午後の毎日行っています。希望される方は、主治医の先生にお申し込みください。(予約制です)

「技術部のご紹介」へ戻る