業務内容

「技術部のご紹介」へ戻る

当院のリハビリテーション科では、常勤の理学療法士(PT)4名・作業療法士(OT)2名・言語療法士(ST)1名及び、マッサージ師1名・助手2名の体制で行っています。

施設基準は、運動器リハビリテーション料(T)、呼吸器リハビリテーション料(T)、脳血管疾患等リハビリテーション料(U)です。

 

《外来受付時間》

現在は、主に外来でこられる方・入院している方を中心に日の光のいっぱい入る訓練室で、患者様がリハビリを行いながら他の患者様とともに楽しくコミュニケーションがとれる、そんな場所を提供できるようにスタッフ一同努力しています。

表4.jpg

 

表2.jpg

リハビリテーションの種類

《理学療法(PT)》

脳梗塞・脳出血や脊髄損傷などの中枢神経疾患、骨折や靭帯損傷などの整形外科疾患、その他の疾患による様々な運動障害を持った方に対して、その障害された運動のメカニズムを回復させる運動の再教育を行うことを目的とします。

障害の改善・治療には主に運動療法を行いますが、温熱・電気などを利用した物理療法も実施しています。

 

《作業療法(OT)》

事故や病気で身体や精神に障害のある方々に対して、今後も充実した生活を送れるように様々な作業活動を用いて、身体機能・高次脳機能(計算や記憶等)・心理面・日常生活活動(トイレや着替え等)などの改善を目指します。そして、必要な場合には自助具の提供や住環境へのアドバイスを行います。

※作業活動とは、運動や日常生活活動・家事や職業活動・趣味活動などの生活の中にある様々な活動のことを指します。

 

《言語療法(ST)》

私たちは言葉によりお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験と知識を共有し生活しています。言葉によるコミュニケーションには言語・聴覚・発声・認知などの各機能が関係しますが、事故や病気などによりこれらの機能が損なわれることがあります。

言語聴覚士は、言葉でのコミュニケーションに問題が生じた方々に対して専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援します。また摂食や嚥下の問題にも対応します。

「技術部のご紹介」へ戻る