国保匝瑳市民病院の沿革

「病院概要」へ戻る

   病院の沿革

昭和33年11月 八日市場市国民健康保険直営病院として開設。診療科目は内科、外科、小児科、理学診療科。一般病床20床、伝染病床20床の計40床
  34年 7月 基準給食承認
  35年 1月 増改築工事完了。一般病床36床、結核病床20床を増床し、計90床となる。
  38年 1月 未熟児室増築。一般病床10床を増床し、計106床となる。
  38年 5月 基準寝具承認
  42年 4月 地方公営企業法一部適用
  46年 6月 一般病床88床、結核病床12床、伝染病床20床の計120床に増床。
  47年 8月 伝染病床20床廃止。
  48年 3月 本館2階建てが完成。皮膚科を開設
  53年 6月 結核病床12床を廃止し、一般病床2を増床、計90床となる。
  55年 1月 消化器科を開設。
  56年 1月 増改築工事の設計委託
  56年 4月 基準看護(T類)承認
   56年10月 基準看護(特T類)承認
  57年 7月 増改築工事着手
  59年 2月 新病院増改築工事が完了。第1病棟54床、第2病棟55床、第3病棟48床の計157床となる。
  59年 4月 公募により「国保八日市場市立病院」に名称変更。産婦人科、整形外科を開設。
  63年 7月 循環器科を開設。
平成 2年 7月 増改築工事着手。
   3年 4月 麻酔科を開設
   3年 8月 増改築工事が完了
   3年 8月 眼科、耳鼻咽喉科開設。
   4年 4月 「総合病院」の名称使用の承認を得る。在宅介護支援センター併設。
   4年 8月 公募により「国保八日市場市民総合病院」に名称変更
   6年10月 新看護体制施設基準(2.5対1A)承認。
   7年 3月 小児科・泌尿器科外来棟改修工事完成。
   7年 4月 泌尿器科開設
  10年 4月 呼吸器科、脳神経外科開設。訪問看護ステーション「つばきの里」併設。
  12年 4月 居宅介護支援事業所「ゆず」、「つばき」、ヘルパーステーション「ひだまり」併設。
  12年 6月 医薬分業全診療科実施。
  16年 4月 介護老人保健施設「そうさぬくもりの郷」併設
  18年 1月 八日市場市、野栄町合併により「国保匝瑳市民病院」に名称変更。
   18年10月 新看護体制施設基準(10対1)承認
  24年 4月 地方公営企業法全部適用へ移行

「病院概要」へ戻る