事業管理者挨拶

「病院概要」へ戻る管理者顔写真.jpg

・「医療連携」と「チーム医療」を合言葉に

 当院は、昭和33年国民健康保険を基盤として、住民福祉の向上と国保事業の円滑な運営に資することを目的に開設され、以来、地域住民の命と健康を守り、地域の中核病院としての役割を果たしてきました。平成24年4月1日からは、経営の効率化と自主性の確保を図ることを目的に地方公営企業法の一部適用から全部適用へ移行しました。

 今日の医療は、少子高齢化の進展や医療ニーズの多様化などにより地域医療の果たすべき役割はますます重要になっております。

 こうした中で、市民病院では、急性期医療の充実を図るとともに、高齢化への対応策として在宅医療の重要性を認識し、訪問看護や訪問リハビリなどの充実を図ってきました。

 今後は、全部適用のメリットを最大限に活用しながら医療環境の変化や地域の医療ニーズに併せた医療サービスの提供に努めるとともに、より信頼される病院となるよう「医療連携」と「チーム医療」を合言葉に、職員一丸となって病院運営に取り組んでまいります。

事業管理者 菊地 紀夫

「病院概要」へ戻る